楽しいこと、好きなこと探し!あなただけのライフワークを見つける、人生の質を上げる情報サイト

更新してる人のプロフィール

当サイトへの訪問ありがとうございます。
あなたが楽しめる、役に立つ記事を書いて色々と紹介していきます。

名前 ふうりょう
性別 男
年齢 アラサー
在住 台湾( ^ ^ )

台湾に現在家族で住んでいます。
台湾での事もちょこちょこと記事で紹介していきますので、よろしくお願いします。

なお、当サイトの記事・画像等のコンテンツの全ては著作権で保護されております。
無断コピーや転載は一切禁止しております。

台湾観光協会

http://www.go-taiwan.net

台湾観光コース

https://jp.taiwan.net.tw

台湾Wikipedia情報

台湾(タイワン、中: 臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân)は、東アジアの島嶼である。

1945年に当時中国大陸を本拠地とした中華民国の統治下に入り、1949年に中華民国政府が台湾に移転した。

1955年以降、中華民国は台湾本島以外にも澎湖諸島金門島馬祖島東沙諸島南沙諸島太平島を実効支配しているが、全体の面積に占める台湾(本島)の割合は99%以上になる。

そのため、中華民国の通称として「台湾」と表記される。

近隣諸国としては、東及び北東に日本、南にフィリピンがある。事実上の首都は台北市である。

台北県が直轄市となったことにより成立した新北市は、台北市及びその外港である基隆市を囲む大都市圏を包含し、2016年時点では同島で人口最多の都市である。

高速道路は基隆と高雄を結ぶ中山高速公路と、基隆と屏東を結ぶフォルモサ高速公路を中心に整備され、更に主要国道・省道が台湾全土にネットワークを構成している。

これらの道路網を利用し、多くのバス会社が高速バスを運行し都市間輸送を担っている。都市間交通は台北や高雄という大都市以外に、地方都市間を連絡する路線も整備されており、鉄道輸送が整備されていない地区の主要交通手段である。

バス輸送はかつては国営の「台湾汽車客運」(中国語の汽車は自動車の意味)が高速バス事業を担っていたが、2001年の民営化に伴い「国光汽車客運」に再編された。

それと同時に高速バス事業の自由化が進み、複数事業者による競合の結果、二列シート・軽食・飲物のサービス付き・カーテン・トイレ完備などの豪華なバスが大都市間で24時間運行されるようになっている。このために、民営バス会社は台湾における旅客輸送の重要な地位を占めているが、台北や中などでの慢性的、連休期間中の渋滞などによる遅延が発生している。

都市部では市内バス路線が整備されている。以前は旧型車両が多用され、慢性的な市内渋滞や乗客の乗降がスムーズでないなどの理由で利用頻度は高くなかったが、近年は台北市を中心に新型車両への更新、バス専用レーンの設置などで輸送能力に大幅な改善が見られ利用者も増加傾向にある。

これら交通網が整備されているが、特に市内交通での交通網が未完成であり利便性に問題があるため、タクシーや自家用車の利用が多く、簡便に移動可能なスクーターの利用が多いのも台湾の特徴である。これら各種車両が入り乱れる市内地域では激しい渋滞と、運転マナーに起因する交通事故が多発している。

国際運転免許証に関しては、中華民国がジュネーブ条約に加盟していないため、外国人が台湾で運転する場合(台湾人が外国で運転する場合も)には現地での運転免許取得が必要であったが、日台間に関しては、2007年9月19日より日本と中華民国両政府の間で短期旅行者に限定して免許証の相互承認が認められるようになり、短期旅行者がレンタカーなどを運転できるようになり、2008年10月1日からは、現地の免許への切り替えも出来るようになった。ちなみに、日本以外の多くの国では、二国間の取り決めにより、早くから国際運転免許証の相互承認や、現地免許への切り替えが行われていた。

2011年8月1日から小型車(車両総重量が3,500kg以下で乗車定員が9人以下の乗用車)において、運転席、助手席だけでなく後部座席もシートベルト着用が義務付けられた。違反すれば罰金を科せられる。タクシーにおいても例外ではなくなった。

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/台湾