楽しいこと、好きなこと探し!あなただけのライフワークを見つける、人生の質を上げる情報サイト

日本の格安航空『バニラエア』とは?

とっても美味しそうな名前ですが、正式名称はVanilla Air Inc.です。

日本の航空会社は元々JALとANAだけでしたが、100%ANAが出資した格安航空会社がバニラエアです。格安だから不安だと思っていてもANA出資なら、なんとなく安心できそうな感じがしますね。

そんなバニラエアを細かく調べてみました。

国内線予約をするにはどうしたら良い?

スポンサードリンク


https://www.vanilla-air.com/jp/
こちらから予約が可能です。

バニラエア公式HPから出発地、目的地、日時を指定していくと、予定日に取れるバニラエアの時間が表示され、とても見やすいことに、コミコミ・シンプル・ワクワク同時に確認が取れます。ワクワクバニラはかなりお得なので見つけたらぜひ確保したいプランです。

フライト時間を選ぶと、ログインページに飛びますが、ゲストとして単発で予約も可能です。とりあえず1度使ってみたいと思ったらゲストで取ってみてはいかがでしょう。

しかし、ここで注意点があります。国内線だから羽田出発だろうと思っていると大変な事態になってしまいます。バニラエアの国内線は全て成田発なので気を付けてください。

荷物は無料で預けられるの?


いつでも航空券を販売しているのはコミコミバニラとシンプルバニラと言うプランです。

コミコミバニラでは縦・横・高さが203cm以内、かつ一辺の長さが120cm以内の20kgまでの手荷物なら無料で預ける事が出来きます。この三辺の和に関してはANAと全く同じなので、お得な感じですね。

さてシンプルバニラですが手荷物を無料では預けることが出来ない代わりに、運賃が格安になっています。しかも同じ手荷物でも2000円から6000円までの幅があるのですが、なぜかというと到着場所によって変わってしまうのです。

一番注意したい点としては、空港で手荷物を預けるときに超過分が発生してしまった!そんな時は、カウンター手続き手数料2000円がかかってしまい、5kgごとに追加金額が発生します。

かなり注意して荷物をまとめないと結局割高となってしまう場合があります。じゃ、なんとか機内に持ち込んでしまおうではないかと思っても機内への手荷物の持ち込みにも制限があります。

 

どのプランを選んでも各辺が55cm・40cm・25cm以内の手荷物が1個と、小さいバッグなどの常に持ち歩いているようなもの1個の合計2個ですが、7kgを越えてはいけません。

手荷物サイズにまとめても重さで機内に持っていけなかった場合はここでも超過料金、手数料がかかります。大量の荷物の場合は運送会社を使った方が、安くなる場合もありそうですね。

バニラエアでのサービスはどんなものがある?


国内線なら機内サービスでドリンクが配られた記憶のある人も多いとは思いますが、バニラエアでは残念ながら、どんなに待っていてもドリンクは配られません。なぜなら全て有料での販売となっています。

この辺で人件費削減などして格安に出来ているのでしょうか。ソフトドリンクなら200円から注文できます。

しかも、食事も注文できバニラエアでの機内食はかなり美味しいと評判なのでお金に余裕があったら注文してみたいですね。オススメはバニラエア特製とろ~りクリームパンとチョコレートパンです。

他のお弁当はどこでも食べられそうなものが多いですが、バニラエア特製と名前がついているなら、1度は食べてみたい物です。価格も350円なので旅の思い出にしてみてください。

運行状況確認は電話じゃ無理!


https://www.vanilla-air.com/jp/

こちらからタイムリーな運行状況が確認できます。

注意点としては運行状況を電話でも確認は出来るのですが、とにかく電話が繋がりません。家を出る前に大雨や雪などが降っているから、バニラエアが飛行可能なのか確認しようと電話をかけても、ほぼ繋がらないので、公式HPから確認する方が早いです。

余談ですがもし、電話をかけるとしたら、朝一番か17時59分にかけると高確率でオペレーターと直接話す事が出来ますよ。

まとめ

バニラエアは安かろう悪かろうではなく、無駄なコストを省き、ANA出資の航空会社なので、安心度は高いです。

国内線でも成田発なのでうっかり羽田に行かないように注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA