楽しいこと、好きなこと探し!あなただけのライフワークを見つける、人生の質を上げる情報サイト

お得に活用したい電力の比較~九州電力の魅力~

スポンサードリンク

電力は水・ガスのように生活に無くてはならないインフラです。

電力はこれまで独占市場の下、大手電力会社によって販売・供給されていましたが、2016年に電力小売り市場が一般企業にも開放されました。

それにより、電力の供給方法は多様化し、今までよりもお得な料金プランやより地域性を生かしたプランが登場しています。

おかげで、電力についてのCMを目にすることが多くなりましたね。

今回は、電力会社についての基本的情報と九州電力の魅力についてピックアップしていきたいと思います。

電力会社とは?長らく続いた独占市場の開放と電気料金プランについて


私たちの生活では、実に様々な場所で電力が使われています。その電力を販売しているのが、歴史ある大手電力会社10社と2016年の電力自由化で新規参戦したサービス会社です。

この2者にはいくつかの違いがあります。

まずは、「電力の販売方法」の違いについてお話します。

大手電力会社は戦後安定した電力供給を行うため、政府主導の下、地域ごとに管轄を分け、独占市場を展開してきました。

この独占市場は競争相手が基本的にはいないため、利益が守られていました。発電から送電網を使い電力を販売するところまで、すべて1つの会社が行っていたのです。

一方で新規参入したサービス会社は電線の増えすぎを防ぐため、送電網を持っていません。そのため、自社でできるのは発電と販売のみです。

送配電を行うためには、大手電力会社が持っている送電網を、お金を払って借りています。こうなると、サービス会社は電気料金が高くなりそうですが、実際は大手電力会社より安いのです。

スポンサードリンク

2つ目の違いは、「料金プラン」です。

料金については、サービス会社の方が大手よりも5%安く設定したりと、価格が違います。

これは、大手電力会社の料金設定が総括原価方式に基づいて行われていることに関係があります。総括原価方式とは、発電・送電・電力販売費・人件費などの費用と、一定の報酬を上乗せした額が販売収入と同等になるように設定されたものです。

サービス会社は利益を追究し、コストの削減や業務の効率化を徹底しているので、このあたりで料金に差異がでてきます。

しかし、大手電力会社もサービス会社の後を追い料金の値下げを行ったりしていますので、消費者としてはどこの会社と契約すればお得か、きちんとした判断が必要となります。

簡単に行える電力会社との契約・切り替え


今までは何となくこちらの会社の電力を買っていたけれど、お得な別の会社と契約したい。そう思われている方もいらっしゃるでしょう。

契約については、基本新しく契約する会社が手続きをしてくれたり必要な作業をレクチャーしてくれるので、消費者に大きな負担はありません。

また、「スマートメーター」という電力メーターの工事が必要となりますが、これも無料で交換してくれます。手続きの期間ですが、資源エネルギー庁は申し込み後1~2週間で切り替えられるようにとしています。

引っ越しをする際の電力会社との契約についてですが、引っ越し先では同じ電力会社であっても前もって届けが必要となります。住居を解体する場合も電力会社に連絡をし、電気メーターを取り外す工事を行ってもらう必要があります。

繰り返しになりますが電気は大切なインフラなので、不安がある場合は遠慮なく契約している電力会社に連絡した方がいいでしょう。

大手電力会社「九州電力」の魅力

九州電力
https://www.kyuden.co.jp/

九州電力は、1951年に創立し、玄海原発が稼働している地域です。日本最大の地熱発電所を持っていたり、再生エネルギーの開発にも力を入れています。

電力の供給が安定していて、2016年のエリア外からの調達電力比率は約1%となっています。これは、関西圏の8~12%と比べてかなり低い数値です。

独占市場時代の管轄は福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県の7県でした。

なお九州電力は今もこの7県で電力を販売しており、関東エリアでの販売は九州電力グループの九電みらいエナジーが行っています。

発電方法…トップ3は、①火力発電 ②原子力発電 ③水力発電 となっています。

特に火力発電は、1031.4万kW発電していて、全体の約6割を占めています。他には、内燃緑発電や地熱発電、太陽光発電、風力発電を行っています。

現在はまだ少ないですが、九州電力は再生エネルギーや省エネについてかなり力を入れているので、契約前には今までの生活の状態で行える省エネプランについて計画してくれます。

九州電力には、会員サイト「キレイライフプラス」というものがあります。

九州電力 キレイライフプラス
https://www.kireilife.net/pages/index.html

これに登録すると、スマートメーターで計測した過去24か月分の使用量を確認することができます。30分ごとに電気の使用量を記録しているので、どの時間に電気を一番使っているのかまで知ることができます。

引っ越しをする際は、九州電力への申し込みが必要となります。インターネットか電話から申し込むことができます。入居先で電気を使用するためには、分電盤のブレーカー等のスイッチをすべて「入」にしましょう。

停電情報については、ホームページや専用メールについて発信しています。

普通にブレーカーが落ちただけの停電から機器の故障による停電、または自然災害から起こる停電など、要因は様々です。まずは落ち着いてブレーカーが落ちていないかや地域の停電情報を確認し対応していきましょう。

専用メールは九州電力のホームページから登録することができ、何かあった際は連絡を受け取ることができるのです。

電力会社を選ぶときのポイント~大切にしたいことは何か~


さて、ここまで電力会社の基本情報と、電力会社の1例である九州電力についてさせて頂きましたが、如何でしたでしょうか?

電力供給は、これまでの縦割り市場から総合的なエネルギー市場へと変革の時にあります。様々な会社が切磋琢磨することによって新しい形のサービスが次々と打ち出されるなか、自分に合ったプランを選ぶためには、3つのポイントがあります。

○料金プラン…まずは現状の消費電力を把握し、どのように電力を使っていきたいか考えることが大切です。そこから各社の料金プランを比較して、一番自分に合った料金プランを見つけられるといいですね。

○発電方法…こちらは、環境に優しい自然エネルギーを販売しているところを選びたい、という方が重視するポイントですね。

現在の日本は火力発電が主流で、期待されていた原子力発電も東日本大震災での被害があったことにより廃炉議論が盛んに行われています。地球温暖化も危惧されている現代では、環境保護への意識も高まってきています。

特に、地球に優しい自然エネルギーを販売していくべきだという企業側の努力もあり、着実に自然エネルギーの供給は増えてきています。

○提携プラン…意外と多い提携プラン。携帯電話やガス、通販サービスなどの料金とセットになったりポイントがついたりします。

どうしても電力は単価が安いので、他の製品とセットにしてお得感を出しつつ、料金もしっかりとれるようになっているので、さすがですね。

私が使っている某携帯会社は各種料金をまとめるとポイントが付くとのことだったので、自分と家族のスマートフォン料金、インターネット回線、固定電話料金、電力をすべてまとめました。

翌月からは、なかなかのポイントが貰えるようになり、年単位で貯めると旅行に行けそうなポイント数でした。これらの貯まったポイントは各会社のポイント交換品だったり金券に替えることができる場合が多いです。

また、1つにまとめることによって振込も楽になり、どの程度の支出なのか把握しやすくなります。

以上が電力会社を選択する際のポイント3点でした。

今回具体的に紹介したのは九州電力だけでしたが、他の会社も魅力は多いのでご興味ある方はぜひ確認してみて下さい。

ここまでお読みいただきありがとうございました。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。