楽しいこと、好きなこと探し!あなただけのライフワークを見つける、人生の質を上げる情報サイト

世界最速で安いと噂のNURO光はどこがお得?特徴をまとめてみた

フレッツより安くて早い高速インターネット、その名も【NURO光】

So-netが提供する超高速インターネット接続サービス「NURO光」。

個人宅向けでは世界最速級となる最大2Gbpsの通信速度に加え、東京・神奈川ではさらに高速な最大10Gbpsのサービスも開始。家族全員がスマホを持ち、4K動画をネットで見る時代になってもストレスを感じない、次世代の体験を提供しています。

スポンサードリンク

https://nuro-ac.jp/

いままでは個人宅向けの光ファイバーインターネット(FTTH)といえば、NTTの「フレッツ光」でした。NURO光はフレッツ光と比べて、どんな点がお得なのか、まとめてみました。

 

NURO光の各種費用はいくらくらいなの?

初期費用

フレッツ光 18,000円
NURO光 実質0円

フレッツ光の初期工事費は18,000円。分割の場合は初回3,000円、残りは毎月500円の30回払いです。なお、土日・祝日や年末年始に工事を希望する場合は3,000円の増額となります。

NURO光は初期工事費が通常39,900円必要ですが、月額基本料金から初期工事費の分割料金分である1,334円が割引されるキャンペーンを利用することで、実質0円になります。

期間は30ヶ月と長くなっていて、30ヶ月に満たないうちに解約してしまうと、残りの工事費用は一括支払いになるので注意が必要です。

長く使うことが決まっているのであれば、初期費用を実質0円にできるNURO光の方がお得になります。両社ともにたくさんのキャンペーンを毎月実施しています。キャンペーンを見逃さないことが大切です。

 

月額費用

フレッツ光 4,600円(にねん割適用後)+プロバイダ料別途+工事費用
NURO光 4,743円

フレッツ光で1Gbpsの高速通信に対応した「フレッツ光ネクスト ギガ ファミリー・スマートタイプ」は、月額料金5,700円ですが、2年間の利用を前提とした割引サービス「にねん割」を適用すると実質4,600円で利用が可能です。

2年ごとに契約が更新され、更新月以外での解約は違約金9,500円が発生します。プロバイダ料金は別途必要となります。

NURO光は2Gbpsの通常プランであれば、回線利用料、プロバイダ料、無線LANルータ、セキュリティソフトがすべて揃って月額4,743円という分かりやすい一律料金です。

 

ややこしいオプションの契約をしないでも、この基本契約だけで家中が安心して超高速インターネットを利用できます。また、利用開始月は月額基本料金が無料のキャンペーンを実施中です。

フレッツ光はプロバイダ料金が別途必要なので、料金プランが分かりにくく、セキュリティソフト等の特典もありません。NURO光はワンストップの分かりやすいサービスなので、導入のハードルは低いと言えるでしょう。

 

またマンションタイプですとキャッシュバックも付き、さらに月額料金も安く提供しています。かなり評判もいいみたいですね。

 

NURO光の回線速度や提供エリアについて知りたい!

回線速度

フレッツ光 下り・上りとも1Gbps
NURO光 下り2Gbps・上り1Gbps

NTT東日本が提供しているフレッツ光の「フレッツ光ネクスト ギガ ファミリー・スマートタイプ」なら、最大1Gbpsの通信が可能ですが、NURO光は世界最速の2Gbps、さらに10Gbpsという速度は他社を大きく引き離しています。

しかし、無線LANでは2Gbpsや10Gbpsといった高速通信は行えないので、超高速を体感したいならケーブルをつないだ有線LAN接続のみとなります。

さらに、インターネット回線だけが超高速でも、接続しているパソコンが古いものだと十分に速度を活かすことができません。

反対に、家族全員がスマホを利用していて、リビングのテレビでネットで映画を視聴したい、というような要望があれば、NURO光の速度をしっかりと活かすことができそうです。自分の利用シーンは2Gbpsを必要とするのか?を検討してみましょう。

 

提供エリア

フレッツ光は全国展開していますが、地域によってサービス内容が異なるため注意が必要です。最大1Gbpsの「フレッツ光ネクスト ギガ ファミリー・スマートタイプ」は、NTT東日本のエリア内のみのサービス提供となり、それ以外の地域は最大200Mbpsまでの速度に制限されています。

NURO光は関東全域の東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県での提供。10Gbpsに対応しているのは東京都と神奈川県のみとなります。提供エリアが狭い分、分かりやすい内容ですね。

その他地方都市はエリアが拡大中ですのでNURO公式から確認してみてください。

 

 

インターネット回線を利用しての電話サービスや、契約時のサービスはあるの?

IPフォン

どちらも月額基本料金が500円です。通話料金は固定電話宛てならフレッツ光が8円/3分、NURO光は7.99円/3分とほぼ同一です。

NURO光を新規で申し込みする際に、いままでNTTの電話回線を使っていた場合は、電話番号をそのまま引き継げる「ナンバーポータビリティ」に対応しています。

NURO 光でんわはソフトバンクグループが提供している「BBフォン」などの電話回線への発信なら通話がいつでも無料です。

 

セット割引

NURO 光でんわとソフトバンクのスマホかiPadのいずれかのセットで、ソフトバンクの利用料金が2年間、最大毎月2,000円割引されます。3人家族なら毎月6,000円割引になるから、NURO 光が実質無料で利用できます。

 

まとめ

NURO光はまだまだ提供エリアが限定されていて、知名度の低いサービスですが、回線速度や分かりやすい料金体系、初期費用が実質0円になるキャンペーンなど、とても魅力的です。

一方、フレッツ光は料金体系が非常にややこしく、さらに別途プロバイダにも加入する必要があるので、サービス導入の対象となる一軒家に住んでいる世代には敷居がとても高いものでした。

「NTTだから」という理由でフレッツ光に代理店を通して申し込みしてみたら、余計なオプションが多数申し込みされていて、月額料金が高くなっていたというトラブルも頻繁に起きています。

NURO光はこれからのスタンダードになれるだけの可能性を秘めています。

ニューロ光公式サイト

⇒https://nuro-ac.jp/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA