楽しいこと、好きなこと探し!あなただけのライフワークを見つける、人生の質を上げる情報サイト

よく分かる星座占い、そして人類と星のおつきあいの占星術

12星座占いとは、星回りによって運勢がわかる占星術のこと

星座占い(12星座占い)は占星術ともよばれ、その人の特性や性格を元々持って生まれた星回りを中心として考え、運勢が導き出されていくという占いです。

スポンサードリンク

星占いでは生まれた時間と場所が世界の中心という考え方をし、その酔うような考え方に基づいて物事を導き出すという特徴があります。

そのため、生まれた星座によって、性格や行動パターン、気質や恋愛運なども様々といわれています。

 

それぞれの星座ごとに星座の性格と傾向

3月21日から4月19日に生まれた人は白羊宮のお羊座

お羊座はパワフルでダイナミックところがあって、新しいことに取り組むことが大好きです。リーダーシップを発揮して人々を牽引したり、競争心も逢瀬で負けず嫌いです。どんなことも自分が一番になろうとするためあきらめずに粘り強く物事に取り組むという特徴があります。

 

4月20日から5月20日に生まれた人は金牛宮の牡牛座

牡牛座は我慢強くてじっくりと取り組むタイプです。忍耐力があって、強い志をもち、家庭的な性格といわれています。

家族や財産を大切にする傾向があって、道徳的で信頼できるしっかりものです。気楽で自由な状況を好み、恋愛も家族や友達のような付き合い方が向いているといわれます。

 

5月21日から6月21日に生まれの人は双児宮の双子座

双子座は、相反する二つの考えをもち理性と感情、動と静といった別の考えをもち思い悩むという特徴があります。

周りからはなにごとに関しても1度で2つ以上のことができる能力があってタレント性が強く、社交家であることが多いのです。臨機応変で策略家、知的好奇心が強いという傾向があります。

 

6月22日から7月22日生れは巨蟹宮の蟹座

蟹座は防御本能が強く、礼儀正しく、秩序を重んじる傾向があります。内と外の差が激しくてロマンチックなところがあります。とても家庭的なのも何座の特徴といえます。

 

7月23日から8月22日に生まれた人は獅子宮のしし座

しし座は周りから尊敬されたり、賞賛を受けたいという思いが強く、理想を貫く生き方を好み、プライドも高い努力家です。また、勤勉で手腕もあり、周囲の協力を得て成功するタイプです。

 

8月23日から9月22日なら処女宮の乙女座

乙女座は細やかな気配りができ、責任感が強く律儀なタイプで、親切で思いやりがあります。人道的で正確に確実に仕事をこなす能力が高い多才な実務家です。

 

9月23日から10月23日生れは天秤宮のてんびん座

天秤座は第一印象がよい人が多く、品位があって、どんな時も感情を露骨に表現することはない、争いは好まない平和主義者です。

 

10月24日から11月21日は天蝎宮のさそり座

さそり座は無口で控えめな性格ですが、内面は激しい情熱があり、執着心も強くて、困難にも打ち勝つ強さがります。

 

11月22日から12月22日の人は人馬宮のいて座

射手座は、何事も即断即決する行動力がある人も多く、楽天的でいつも前向きな人が多いといわれています。

 

12月23日から1月19日は磨羯宮のやぎ座

山羊座は素直で正直者です。堅実で用心深く、危ないものには近付かないという性格です。責任感が強く、仕事はきちントするタイプです。

 

1月20日から2月18日は宝瓶宮のみずがめ座

水瓶座は常識的で日常的なことには興味が低く、平凡より、より想像的で新しいことを始めたがる性格をもっています。

 

2月19日から3月20日は双魚宮魚座

魚座はロマンチストで喜怒哀楽が激しく、心のうちを見せたくないという心理傾向があって、あまり感情をあらわにすることは少ない傾向があるといわれたりしています。

となっています。

星座占いでは、それぞれの星座ごとに星座の性格とその傾向があるといわれています。このように、星座占いは元々持って生まれた星回りを中心として特性や性格を考えていく占いです。


電話占い【ココナラ】 もう、一人で悩まないで

 

人類と星のおつきあい

現代の日本では、夜中でも電灯が点いているため、夜空を見上げてもあまり星は見えません。

しかし遥か太古の昔での夜空は、電灯というものがなかっただけでなく、空気が今よりずっと綺麗でしたので、それこそ『満天の星』というほかないほど美しかったものだと考えられます。
星空1

photo by masataka muto

そもそも昔は農耕社会であったため、星の移動によって季節の移り変わりを知ることは自分たちの命をつなぐことに直結していたため、星は身近で重要な存在だったと考えられます。

それでは星座というものはいつ頃から作られ、そして物語が紡がれていったのでしょうか。

 

1万年以上前の人類が星を見て絵の題材に

ラスコー壁画
photo by Jaysmark

1万5000年から1万年前ほどに描かれたと推測されるフランスのラスコー壁画がありますが、あの壁画におうし座にあるすばるおよび、夏の大三角形(こと座のベガ・はくちょう座のデネブ・わし座α星のアルタイル)を描写したあとがあります。

星座をつくるところまではいかなくても、星を見てそれを絵に描くという芸術の対象としていたことが、証明されることになりますね。

では、星単体を見ることからステップアップし、星座を作ったのはいつ頃かといいますと、今から約5000年前、シュメール人やアッカド人といったメソポタミア地方で生活を営んでいた人々が夜空の星をつなぎ、動物や英雄の姿を描いていったという説が現在は有力です。

それが古代ギリシャに伝わっていき、やがて詩人たちの謳う神話や物語と結びついていき、現在の星座物語の原型を作ったようです。

その後2世紀ごろ、ギリシャの天文学者であったプトレマイオスが星座を整理し、現在使用されている星座の核となった48星座を決めました。この分類は、その後約1500年間も使用されていたといいますから、驚きますね。

 

12星座早見表 シンボルマークと誕生日の一覧

 

望遠鏡や大航海時代到来にて新たな星座が見つけられる

そして時代は下って16世紀ごろになりますと、望遠鏡が発明されたおかげでそれまでは見えなかった星も見えるようになったほか、大航海時代で南半球の夜空をはじめて見たヨーロッパの人々が、つぎつぎとあたらしい星座を作っていったのです。

ただ、船乗りや天文学者がどんどん勝手に星座を増やしていったため、一時期は100を超えた数が数えられるようになり、星座の管理は一時期混乱をきわめていました。そのため1928年に国際天文学連合で全天の星座を88、と定めたのです。

 

12の月を表す星座は黄道12星座と呼ばれるもの

さて、星座といえば黄道12星座が最も有名で、身近なものかと思います。これらの星座は星占いに使われているため、雑誌やテレビの星占いにひんぱんに登場しますね。

なおこの『黄道』というものは「太陽の道」という意味です。星占いで使用するときは自分が生まれたときは太陽がどの位置にあったか、ということを表しています。

占星術といった本格的な占いになりますと、自分の出生日と出生時間、そして出生地からホロスコープと呼ばれる天体配置図を作って占いますね。

 

神話にだけ反応してしまったプラネタリウム

プラネタリウム
photo by halfrain

さて、星座は昔から神話のたぐいが好きなこともあり、私はわりあい多くの星座のエピソードを知っているほうではないかと思います。

同じように神話、とくにギリシア神話が好きな友達もいますので、時々星座談義に花が咲く……、といったこともよくありました。

そういえば以前、プラネタリウムを見にいったとき、前半の解説が科学的な見地から見る宇宙の話だったのですが、話が難しく、まぶたを閉じてしまいそうになっていたのですが、後半の神話エピソードの解説になったとたん、はっ!と目が覚めたというようなこともありました。自分のことながら苦笑いしてしまいます。

 

GPSを使用したアプリでより便利で身近になった夜空

そういえば、最近はGPS機能を活かした星座表アプリが増えましたので、窓などから星を見るけれども、なんの星座かわからなくてもやもやしていた……、ということがなくなってきましたね。くわえて星座の解説も入っているアプリもあるようです。

星座表アプリといったジャンルはよくセールで安くなる部類のアプリですので、アプリセールを告知しているブログなどをまめにチェックしていれば安価に入手できるのではないでしょうか。たまには夜空を眺めて、古代の人々の想いに胸をはせてみるのもいいかもしれません。

今日の星座占いの結果を知りたい方はこちら

https://uranai.nifty.com/f12seiza/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA