楽しいこと、好きなこと探し!あなただけのライフワークを見つける、人生の質を上げる情報サイト

手に入れやすい野菜の代名詞キャベツ! 焼く煮る蒸すなんでもござれ!

キャベツ1

スポンサードリンク


photo by iheartubuntu

キャベツは比較的入手しやすく、安価なため(不作などで高いときもありますが……)よく料理に使われて食卓に上る野菜ですね。

春キャベツはどのレシピでも美味しい

とくに春のキャベツは葉もやわらかく、シャキシャキしているので家庭での夕食や、春のお花見のときなどに、薄切りの豚バラ肉とさまざまな野菜を入れ、ホットプレートなどで焼き、家庭向けの焼肉ソースで食べる……、という安価で簡単なバージョンの焼肉レシピがよく食べられます。

そして春キャベツの時期はパスタをキャベツとともにアンチョビ・ニンニク・タカノツメで炒めオリーブオイルで仕上げる春キャベツのパスタというのも、イタリア料理もしくはパスタメインの店ではすっかり定番になりました。

定番メニューロールキャベツのコツ

ロールキャベツ
photo by Norio Nomura

ほかにもキャベツの人気レシピで定番としては、キャベツでひき肉を巻き、煮て仕上げるロールキャベツがあります。

ロールキャベツはトマトケチャップのみよりは、最近は完熟したホールトマトの缶詰が簡単に手に入るようになっているので、ベースとなるソースにはそれを使用して作った方がより美味しいものが出来ます。とはいえ味付け用に便利なので、トマトケチャップも使用しますけれども。ほかにもウスターソースなどで味に深みをつけるとより美味しいものとなります。

 

近年身近になってきた味噌ベースで炒めるキャベツレシピ

それと、十数年ぐらい前から豚の三枚肉とキャベツを味噌ベースのソースで炒めるレシピも定番となってきてきていますね。この味噌ベースのソースは味噌に砂糖、お酒、みりんを加えて作ります。なお、炒める油はごま油を使ったほうが香ばしくて美味しいものになります。

これらのレシピのように、基本的に豚肉とキャベツの相性がいいため、豚肉を使うキャベツのレシピはレシピサイトなどを検索してみると山のように出てきますね。それに、キャベツの料理はとくに複雑な手順を踏まなくても、簡単に美味しい料理が出来るところも魅力かと思います。

 

ビタミンたっぷりの生キャベツ

くわえてキャベツのカロリーが低いことと、生の状態ならばビタミンもたくさん摂れるということで、寝る前にキャベツを摂り、空腹感をなくしてダイエットをするという食べ方もあるそうです。キャベツはよく副菜として千切りキャベツの形で添えられてきますが、知らず知らずのうちにこのような効果も得られていたんですね。

 

キャベツといったら昔はイコールホットプレート焼肉でした

キャベツというと、さきほど上げたレシピのホットプレートで薄切りバラ肉とともに炒め、食べる焼肉の代名詞といったところでした。

しかし小学生のころは野菜があまり好きでなく、肉ばかりつついていたような気がします。大人になって味覚が変わったのと、脂ぎった食べものが苦手になってきたため、現在はキャベツはじめ野菜メインでぱくぱく食べるようになりました。肉を食べない訳ではないですけれどもね。

 

ロールキャベツの汁の有効活用レシピ!

ハヤシライス
photo by Richard, enjoy my life!

それと、ロールキャベツがありますがこのメニューが出た次の日は我が家ではだいたい汁に調味料や肉・野菜を足して、ハヤシライスを作ります。

ロールキャベツにはキャベツだけでなく、にんじんや玉ねぎもたっぷり入れますので、前日からの野菜のダシが出て、濃縮されて非常に美味しいものとなっています。これは我が家自慢のハヤシライスで、友達の家にもおすそわけをすることがあります(余談になりますが、この友達の家からはときどきこれまたそちらの家の自慢レシピであるカレーをいただいてます、ありがたいです)。

ほかにも昼食時、キャベツが余っていたら千切りにして、卵といっしょに炒めて醤油をかけて食べるというメニューも最近はよく作っています。そこそこお腹にたまるメニューかつ簡単にできるメニューです。

このように、炒め物から炒め物、蒸しもの、そしてサラダと幅広い分野で使用出来る野菜ということがキャベツの持つ大きな魅力ではないでしょうか。

https://cookpad.com
https://kurashi-no-kihon.com/articles/251-野菜|春キャベツ食べ方と洗い方6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA