楽しいこと、好きなこと探し!あなただけのライフワークを見つける、人生の質を上げる情報サイト

内部的、外部的に見たそれぞれの東海大学という大学とは

付属の高校がスポーツでも強豪ということや多くの著名人を輩出しているということで名前は非常に有名である東海大学、実際に学部数も非常に多く幅広い多面性を持った大学としても有名です。実際に進学する大学として考えたときにこの東海大学とはどのような大学なのか簡単に紹介していきます。

東海大学の特徴として非常に多くの学部を所有しているという特徴があります。それらの中には一般的な文学部や法学部、他の大学には少ない情報通信学部や専門的な理学部や海洋学部、またこの中でも最も難易度の高く非常にレベルの高い医学部が設けられている大学でもあります。

次に学科について紹介していきます。先ほども説明したとおり学部については一般的な大学よりも非常に多く設けられています。それらの学部の中でも文系理系ともに非常に多くの学部が設けられています。

それらの中でも文学部と工学部についてはそれぞれ10の専攻を越える学科が用意されており非常に細かく設けられているのでより細かい専門分野を研究したいという方には非常にありがたい学科の体系となっています。

理系、文系においても非常に多くの学部を有しておりさらに文系理系の融合的な学部も設けられていることから様々な進路に対応している大学ともいえるでしょう。

次にレベルでもある偏差値について紹介していきます。この中で最もレベルの高い学部はもちろん医学部であり偏差値としては65~70程度の偏差値が目安となっています。

他の文系学部の平均としては35~45程度となっており、理系学部では45~55程度の偏差値が目安となっています。これらの偏差値としては一般的な地方の私立大学のハードルよりも少し低いというようなレベルとなっています。しかし理系に関してはそれらの中でも少しハードルは高めとなっています。

次は評判という面について紹介していきます。

先ほども紹介したように一般的な大学と比較をした際にはあまり偏差値としても高い大学とはいえない大学ではあります。しかしながら知名度としては非常に高く多くの方が名前は知っているという大学でも間違いはないでしょう。

本題として説明していくと東海大学の文系学部の評判は一般的な大学の文系の学部とそう大差ないといっても過言ではないでしょう。しかし大学の位置としても都心の大学と比較をされる機会が多く設けられてしまうと秀でている大学とは言いがたいかもしれません。

理系の学部に関しては比較的評判は高めといえるでしょう。特に工学部に関しては知名度に関しても高く多くの企業としても評判は高めであるので進学としては他の大学と比べても優先順位を高く設定できる大学ともいえるでしょう。

またここまで紹介してきた東海大学への進学における情報である入試という部分について説明していきます。東海大学は同じ学部の中でも偏差値として10の差がある学科などもあり同じ学部での併願に関しても合格率を上げることは他のだいがくに比べて比較的に易しいといえるでしょう。

また一般試験に関してもハードルが高い学部も存在するものの倍率としては1倍台にのる学科なども存在し入試に関しても非常に有利に進めることも可能です。

また多くの学科が存在することから人気である学科を避ければ受験者が少なくなるということも狙えるので受験に関しては情報を収集すれば様々な学科に関して受験プランが立てやすいような大学となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA