1. TOP
  2. エンタメ
  3. もののけ姫の舞台!日本が世界に誇る屋久島

もののけ姫の舞台!日本が世界に誇る屋久島

エンタメ ライフ
この記事は約 3 分で読めます。 2 Views
スポンサードリンク

もののけ姫って見た事ありますか?宮崎駿監督の有名なジブリ映画の1つです。筆者は小学生のときに映画館で見て、生まれて初めて映画館で寝てしまった思い出がありますが、あの世界観はとても独特でよく覚えています。

そんなもののけ姫の舞台となった土地が九州にあります。その名は屋久島。今回は屋久島についてご紹介して行きます。

1. 屋久島を知ったきっかけ

筆者が屋久島に行くきっかけとなったのは、その時お付き合いしていた外国人の彼氏が、帰国前に日本らしい所へ旅行へ行きたいと言い始めた為です。京都や広島はもう行った事があり、それ以外の日本らしくて出来れば寒くないところ。

などとリサーチを始め、調べていくうちに屋久島の存在を知りました。

2. 屋久島に着くまで

旅行に行くとなるとツアーに参加するか、自分でアレンジするかをまず決める事となりますが、屋久島旅行へ行く場合ツアーをおすすめします。東京から屋久島へ行く場合の行き方ですが、直行便がない為まず鹿児島へ向かいます。

そこからのアクセスは高速船または飛行機を使う事となります。この交通費だけでも個人で手配するよりツアーを利用した方が安くなります。実際私達はこのツアーについていた宿泊先は使いませんでしたが、交通費だけでもお得に手配する事ができました。

3. 屋久島の宿泊先

屋久島にもシーサイドホテルなど設備の整った宿泊先もありますが、個人経営の宿や民宿の方が圧倒的に多いです。

屋久島はスパや買い物ができるリゾートではなく、トレッキングやダイビング、縄文杉などの自然観光を楽しみにやってくる人が多いので、ごく当たり前の現象かもしれません。日本の古き良き田舎町といった印象で、あたたかい気持ちにしてくれる町です。

4. 屋久島観光

屋久島に着いて1日目はまず奇麗なブルーの海が見えるビーチでのんびりし、温泉へ行きました。驚いたのはビーチに人が全然いない事。3月だったという事もありますが、ビーチはプライベートビーチ状態。そして2日目に登山へ出かけました。

直接自分の体で感じる縄文杉は圧巻です。ハート型に見えるウィルソン株や、時々現れる野生の鹿も可愛いくて感動。全てがフォトジェニックな光景で何十枚写真を撮っても気が済みませんでした。

5. 屋久島の天気

筆者が屋久島に行ったのは3月でしたが、終止天気がよく海では足まで入る事が出来たし、トレッキング中暑くて半袖になる事もありました。この時は運が良かった様で、実は屋久島ってとても降水量が多いのです。

一年を通して温暖な気候ですが、必ず防水や撥水加工のある服、雨具を持って行く様にしましょう。

6. 屋久島の交通事情

屋久島観光の目玉はなんと言っても豊かな自然。自然が大好きな人ならおひとり様でも十分楽しめるでしょう。ただし車の運転ができない場合、事前にバスの時刻表を調べてが行く事をおすすめします。

屋久島ではバスが1時間に1本しか運行していない為、どこへ行くにも車がないと不便です。逆にレンタカーが充実しており、すぐにお店を見つける事ができます。

いかがでしたか?日本が誇るパワースポットの屋久島。たまにはあくせくした日常から抜け出して心も体もリフレッシュしましょう。


スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

Life-Time Knowledgeの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Life-Time Knowledgeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

ふうりょう

この人が書いた記事  記事一覧

  • ベルメゾンで見つけた!女子が欲しがる可愛いアイテム

  • 「西遊記」の孫悟空はSun WukongまたはMonkey、Monkey Kingと表記され、「ドラゴンボール」の孫悟空はSon Gokuと分けて表記されています。

  • JAL国内線で知っていると役に立つ4つの知識

  • J:COMってどんなサービスを提供しているの?

関連記事

  • よく分かる星座占い、そして人類と星のおつきあいの占星術

  • 西暦ってどういうもの? 『国際標準』として使われている理由

  • 車でお出かけする時にあると便利なYahoo!カーナビ

  • 日本では古くから食べられてきた桃 その作り方からおしゃれなレシピまでをまとめました!

  • 第三次世界大戦はどうなる?

  • コガネムシについて触れてみよう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。