楽しいこと、好きなこと探し!あなただけのライフワークを見つける、人生の質を上げる情報サイト

ジョンタイターは未来から来たタイムトラベラー

ジョンタイターの名前が出てきたのは、2000年11月のアメリカの大手掲示板での事です。日本でいえば2ちゃんねるみたいな掲示板です。

ジョンタイターって何者

彼は自分を2036年の世界から来たタイムトラベラーだと説明しました。軍の任務遂行のため1975年に行き、1998年から2年間フロリダの自分の家で暮らしているとの事です。その家には両親と生後4ケ月の自分も居るのだそうです。

ジョンタイターは未来人

その掲示板に彼が書き込んだ任務の内容は、【私の世界線では、IBM5100はAPLやBASICが普及する前に書かれたIBMのプログラミング言語もすべて解読できるということが判明している】
投稿日は2001、2,2

この事実は、関係者以外は知られてない秘密事項であり、後に元IBMのエンジニアのボブ・ダブック氏によるコメントがあり、その内容は事実である事と、何故彼が知っているのか、という話が残っています。

彼の世界軸でIBMが必要になり、タイムトラベルをして1975年に行きIBMを手に入れるのが彼の任務なのだと言っています。

何故彼は関係者以外知らない機密を知っていたのか。この事により、ジョンタイターは本物のタイムトラベラーではないかと言われる根拠の1つです。

タイムマシンについての詳しい記述

掲示板には、タイムマシンの詳細な説明がされています。内部の図面や運転席の写真も出しています。かなり専門的であり、どんな動力でどのようにしてタイムトラベラーするのかが書かれています。

ジョンタイターの予言

2036年以前の予言をしています。予言と言っても彼からしたら既に起きた出来事になります。その中に、日本の地図が出てきます。福島県から関東にかけて侵入禁止区域になっています。

彼がこれを公開したのが2000年、2011年に津波により原発が爆発。近隣地域は侵入禁止区域になりました。完全に当たってる理由ではありませんが、ゾッとする類似です。

これから起きる事を話すと時間軸が変わり、起きる出来事が起きなかったり、未来が変わったりするとジョンタイターは語っています。

彼の予言は、当たったものと外れたものが半々です。未来の話をしたから外れたのか、それとも単なる嘘なのかは、信じるか信じないかでしかありません。

結局、2000年3月にジョンタイターは元の自分の世界に帰ると書き込み、消息は分からなくなってしまいました。彼がタイムトラベラーなのか、嘘つきなのかも闇の中ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA