楽しいこと、好きなこと探し!あなただけのライフワークを見つける、人生の質を上げる情報サイト

電車による熊本市観光

熊本市の観光は、渋滞や駐車場の心配がいらない、熊本市電が大変お勧めです。

2011年3月の九州新幹線全面開通以来、熊本の陸の玄関口として知られる、九州新幹線「熊本駅」へは、鹿児島中央駅から60分ちょっと、博多からは35分ほどで、アクセスが大変良いです。
また、熊本駅前から路面電車・熊本市電が走っており、熊本へ降り立った後に、すぐに路面電車に乗ることが出来ます。

平成28年の熊本大地震により、熊本市も地震の甚大な被害を受けました。特に、熊本を象徴し、熊本市内観光では外すことのできない、熊本城は地震発生直後から、その被害の状況がテレビや新聞等でも取り上げられ、修復までにかかる費用や時間は莫大なものになっています。

しかしながら、少しずつですが、復興へ向け動きつつあります。その状況を間近で見て、目に焼き付けておくためにも、現状の熊本城を見ておきたいところです。熊本駅前から、路面電車で15分ほどで、熊本城前の電停につきます。

城内・敷地内での観光は出来ませんが、加藤神社をはじめ、立ち入り可能エリアから、熊本城を見物することが来ます。復興のシンボルとして、県内はもとより、国内をはじめ、海外からも観光客が訪れる場所です。特に東南アジアからの観光客が多くなっています。

また、熊本城の近くに、西日本でも最大級を誇るアーケード「上通り・下通り・新市街」があります。総延長は1㎞以上になり、多くのお店が立ち並び、ショッピングやご当地グルメなどを楽しめます。

「水前寺公園」は、熊本を代表する景勝地の一つで、地震発生からしばらくは、入場できずに、庭園内の水が枯渇状態となっていましたが、水位も上がり入場可能になっています。熊本城の最寄りの電停から、路面電車で10分ほど。その後、徒歩数分の位置にあるためアクセスは良いです。
そして、最後に水前寺公園の電停より、路面電車で10分ほどの場所に「熊本市動植物園」があります。地震発生より、こちらの場所も多くのテレビ等で取り上げられ、九電が続いていた場所です。動物園内の路面等に亀裂等が入り、被害が大きい場所です。

地震発生から10か月後の、平成29年2月に一部入場可能になり、かつての賑わいを少しずつ取り戻しつつあります。熊本動植物園は県内の多くの幼稚園・保育園・小学校で遠足等で必ず訪れるばしょで、子供たちにとっては思い出の場所です。熊本を代表する動物園の全面開園に向けては、県民の願いや思いもこもってる場所ですので、ぜひ訪れておきたい場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA