楽しいこと、好きなこと探し!あなただけのライフワークを見つける、人生の質を上げる情報サイト

パーティゲームの常連であるスマッシュブラザーズについて

スポンサードリンク

任天堂から発売されているゲームソフト、大乱闘すマシュブラザーズシリーズ、1997年にニンテンドー64ソフトとして発売されて以来、ゲームファンの心をわしづかみにしている今作は、ハードを重ねるごとに確実に進化を遂げているのだ。

初の携帯機でのスマブラは3dsだ、携帯機でこのスマブラのアグレッシブな動きを再現できるのだろうかとファンは不安がっていた、だが携帯機ならではの手軽さや専用ステージの用意などにより、可能な限り据え置き帰途の差別化を図っていたのでスマブラファンにも好評な結果となった。

gcでキャラクターのグラフィックが格段に上がり。wiiではそのキャラクタ―の数が増え、オリジナルストーリーまでも追加され、wiiUでは圧倒的なグラフィックと過去最多のキャラクター数となるなど進化が止まることを知らないのだ。

アップデートによりキャラ性能の格差が縮まり好きなキャラクターでも勝てるようになるなどの、インターネット通信の進歩は凄まじい。

スマブラ速報などの公式サイトでは遊び心も多く、発売前には毎日今日の一枚として、キャラクターのコミカルな写真が公開されるなど、ファンサービスも多い。

そしてなんといってもスマブラといえばキャラクターだろう、マリオからリンク、カービィやピカチュウなど、そして時には他社のキャラクターであるスネークやソニックまで、まさにオールスターの名に恥じないものとなっている。

しかしそこは大戦ゲームの性である、どうしても強いキャラクターが存在しているという点だ、いわゆる強キャラであるこれらのキャラクター、、ランキング上位のリュカやベヨネッタなど、アップデートした現在でも強キャラの名をほしいがままにしている、ランキング下位のカービィやピーチなどの救済を我々ファンは待っているのである。

3ds版のスマブラでは、ハードの関係もあり新規層が一気に入ってきたというい印象があります、技術を磨くためにスマブラwikiという戦術サイトなどを反復している人も多くみられました。ただ子供の数も多く、やはり煽りなども存在しています

相手の弱いキャラクターを強いキャラクターで潰すような、いわゆるリンチ的行為は現在でも見られ、メニューで自分の名前に、俺最強!、などの煽りを入れている人もいるのです。

これらの事をまとめると、時代と共に進化していったスマブラですが、進化に伴いプレイヤーが増えていったことで様々なトラブルもあるようで、今後はプレイヤーの常識を見直さなければならないのかもしれません。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。